アレクサンダーテクニークとは?

俳優のF.M.アレクサンダー(1869〜1955)が、

声が出なくなった時に自ら探求し発見した、自分自身(こころとからだ)の使い方・あり方を学ぶ方法です。

 

彼は、人間が脊椎動物として本来楽に自由で機能的に動けるよう

調整する能力を持っていること、

それが特に「頭と背骨の関係」に大きく関わっていること、

また身体と思考が密接に連動していることを発見しました。

 

アレクサンダー・テクニークは、

それらの発見をからだを通して実際に体験し、

動きの中で再学習することで

日常生活や表現活動、お仕事、コミュニケーションなどに

実践的に活かしていく方法です。

 

欧米を中心に演劇、舞踏、音楽などの芸術分野で広まり、

それらの学校でカリキュラムに取り入れられてもいます。

さらに医療、福祉、スポーツなど、

さまざまな分野で技術の向上、予防、痛みの改善のために

使われています。

 

F.M.の自分自身の観察からの発見について、もう少し細かくふれます。

 

声が出なくなったのは、声を出している時にしていることよりも

「声を出すぞ」と思った瞬間に、自分自身が無意識に頭と首を

少し押し下げていたからだということでした。つまり、 

1)声を出すぞ、という「考え」が、からだの筋肉緊張に大きく影響していること、

2)「頭と背骨との関係」が全身の動きに大きく関係すること

を発見したのです。

 

アレクサンダー・テクニークでは、

からだもこころも含めた全てを「自分自身」として扱います。

思考、感情はからだの筋肉緊張に翻訳され、

からだの筋肉緊張は感情、思考に翻訳されます。

 

レッスンではからだの動きから、思考、感情との

相互作用についても探求していきます。

 

まずはご自分のからだやこころの使い方の

くせや余分な緊張、がんばりに「自分で」気づいていきます。

 

教師はその過程で

手で軽くふれる、

言葉をかけるなどして、その緊張を減らすお手伝いをします。

 

 「頭と背骨」がうまくつながりを持つと

誰もが本来持っている根源的な調整能力、

(primary control、初源的調整作用)がより働き、

体全体に本来の自由さ・楽さがもどってきます。

 

こんな方に

○演劇やダンス、音楽などパフォーマンスをより洗練させたい方・

上がり症の方

○声について改善したい方

○慢性的なこりや痛み,疲れのある方

(アレクサンダー・テクニークは治療ではありませんが、継続的な実践により、腰痛などが改善することは科学的に実証されています。)

○姿勢を改善したい方

○スポーツにおけるからだの使い方を改善したい方

○人と会う、話す、人前で話すことが苦手な方

○保育、介護職、子育て中の方

○仕事や家事の効率を上げたい方

○掃除ができない方

○からだとこころのバランスを整えたい方

○頭の整理を、からだからのアプローチでしたい方 など